カテゴリー別アーカイブ: 豆知識

漢方薬のお話(1)


漢方薬の歴史

中国では、先人たちが長い時間をかけて、薬草を、実際に試して、毒性の強いもの除外して、薬効の高いものを集めていきました。

漢王朝の1世紀から2世紀のころに現存する最古の薬草の文献神農本草経が編纂されました。

神農という伝説上の人物が、野山を歩き廻り、365種類の薬草を、実際に試して、毒性の強さを3段階に分類して記録したと言われていますが、実際には、多くの人が別々に、人体で、薬効、毒性を確かめた結果作られてた思われます。臨床試験のうち、健康な成人ボランティア(健常人、通常は男性)を対象として、主に治験薬の安全性および薬物の体内動態について確認するための試験である第1相試験は、この時点で、終了していたと考えられます。

その後、中国では、2種類以上の薬草を混ぜ合わせると、思いもよらない効果が現れることが発見されました。こうして出来た処方のうち効果の高い物が二、三百年の間、蓄積されて後漢末に、張仲景の「傷寒論」という書物に纏められました。日本の歴史では、邪馬台国の卑弥呼が現れる少し前のころです。この頃までに、漢方薬の処方の基本は臨床試験の第二相、第三相を完了してその結果、世に現われたのが「傷寒論」というわけです。

現在広く処方されているツムラなどの漢方エキスの多くはこの「傷寒論」の処方を典拠に調製されていることからも、完成度はとても高い処方詩集です。

日本には、5、6世紀までには朝鮮半島を経由して、中国医学が伝来したと考えられています。5世紀、新羅医師、金武が允恭天皇を治療したことや、6世紀に智聡が医薬書をもたらした記録が残されています。7世紀には、遣隋使、遣唐使が派遣され、中国から直接導入されるようになりました。その後、江戸時代末期まで、改良を重ね日本独自の発展を続けました。

日本独自の発展で、一番画期的な変化は、漢方エキス剤の発明でしょう。現在、我が国では、エキス剤が広く使われています。元々の漢方薬は生薬(薬草など)を水で煮出して、液体として飲むかたちでしたが、製薬会社が、液体の漢方薬を煮詰めてエキスを取り出し、顆粒や細粒の形で、袋に詰めて販売しています。これにより、一定の組成の薬を、手軽に飲むことが可能になり、多くの医療機関で保険適応の漢方薬を患者さんに煮出す手間なく飲んでもらえるようになりました。現在、我が国では、89%医師が漢方薬を処方するほど広く普及しています。

また、米国のFDA(食品医薬品局)にツムラが「大建中湯」を手術の後の腸閉塞の治療薬として申請中で、現在、臨床試験(第三相試験)が進行中です。認可されれば、アメリカで初めて治療薬として認可される漢方薬となります。


腰痛と仙腸関節症(せんちょうかんせつしょう)


その腰痛は、仙腸関節の不具合(仙腸関節症)が原因かも知れません。

腰痛というと、椎間板ヘルニアを思い浮かべる方が多いと思います。椎間板や、対間関節のような脊椎に由来する腰痛よりも、実は、レントゲン写真や、CT、MRIなどでは、原因がよく分からない腰痛の方がずっと多いのです。今まで、原因がよく分からなかった腰痛の原因の一つに、仙腸関節症があります。仙腸関節症は決して稀ではありません。老若男女を問わず腰痛の原因となります。

人間の体の土台である骨盤は仙骨と2つの腸骨からできています。この仙骨と腸骨の接合部のことを仙腸関節といいます。上の写真の赤い部分です。中腰での作業やや左右のバランスを欠いた繰り返しの負荷でこの関節に微小な不適合が生じ、痛みが発生します。


片側のお尻の痛み、腰の痛み、脚の付け根の痛み、股関節の痛みなどが発生してきます。ひどい場合は、朝起き上がれなくなったり、歩けなくなったりすることもあります。車の運転ですら、困難になることもあります。
ご自分で、お尻の仙腸関節部を押して痛むときは、仙腸関節症が原因の可能性があります。(写真の矢印の場所)

仙腸関節症に対して、ペインクリニックでは、仙腸関節に、少量の薬剤(局所麻酔薬)を注入することにより、短時間で治療することができます。(仙腸関節部ブロック

 

 


エコーガイド下筋膜リリースとトリガーポイント


トリガーポイントとは、腰痛や肩こりの患者さんに見られる普通の力で皮膚を押した時に、異常な痛みを感じる場所のことです。トリガーポイントでは、痛みだけでなく、硬くなった筋肉のコリ(索状硬結)を皮膚の下に触れることもあります。場合によっては、飛び上がるほどの強い痛みや、発汗や、鳥肌が立つなどの自律神経症状がでることもあります。
以前から、トリーガーポイントに少量の局所麻酔薬を注射することによって、頑固な肩こりや腰痛を改善する治療が行われていました。最近では、トリガーポイントは、知覚神経が集まる筋膜の上にあって、筋膜が癒着して、厚くなっている場所に高率にあることが、報告されています。この癒着を剥すことによって、痛みが軽減することが分かってきました。

最近では、超音波断層装置(超音波エコー)を用いることにより、筋膜の肥厚をリアルタイムで観察しながら、生理的食塩水を注入することにより、癒着した筋膜を剥離する筋膜リリースという腰痛や肩こりの治療ができるようになってきています。新しい治療法なので、現在のところ健康保険ではできませんが、マッサージと変わらない程度の費用でやっているところが多いようです。当院では、簡単なものは、4000円複雑なものは6000円の自費診療で行なっています。
img_8504
上の写真をクリックすると動画が始まります。この動画は肩こりの患者さんの僧帽筋と肩甲挙筋の間の筋膜をリリースしているときの超音波イメージです。視聴後は、ブラウザの戻る出戻って来てください。


線維筋痛症とは?


%e7%b7%9a%e7%b6%ad%e7%ad%8b%e7%97%9b%e7%97%87

レディ ガガが、告白した繊維筋痛症(fibromyalgia; FM)とは、原因不明の全身の痛みに、不眠、うつ病などの精神症状、胃腸の症状(便秘、下痢、逆流性食道炎)過活動性膀胱などの自律神経症状が伴う病気です。ドライアイや、ドライマウスなどが伴うことも多いです。 40代から、50代の女性に多く発症します。

この病気に対しては、医療機関でも認識が低く、受診しても「検査では、どこにも、異常がない。精神的なものでは?」のようにいわれこともあり、正しい診断がつかないことも多いです。長期に続く痛みは、生活の質を著しく低下させ、日常生活送ることも困難になります。

線維筋痛症の診断は、痛みの経過と圧痛点(普通の力で、指で押すと痛む点)が、後頭部、頸椎下方部、僧帽筋上部のなど18カ所(図の赤い点)のうち、11カ所以上あり、その他の痛みを起こす病気が見つからないなどの基準を満たせば、この病気の疑いがあります。

治療は、薬物療法が中心で、サインバルタ(デュロキセチン)、リリカ(プレがバリン)などの薬を服用することにより治療効果が期待できます。


ペインクリニックでアレルギー性鼻炎の治療って?


img_8474

水のような鼻水、くしゃみ、鼻詰まり、アレルギー性鼻炎で、長期に渡って辛い思いをしていらっしゃる方も多いと思います。アレルギー性鼻炎は、花粉による季節性のものと、ダニやホコリによる通年性のものがありますが、どちらも、一般的な治療は、ステロイド剤の点鼻、抗アレルギー剤の内服などですが、いずれも対症療法で、症状が出るたびに治療をしなければなりません。

当院はペインクリニックですが、鼻炎の治療に力を入れています。
一般的な治療に加えて、眠気の起こらない漢方薬での治療や、アレルギー性鼻炎の根本的な治療を目指す星状神経節ブロック療法、舌下免疫療法などを行なっています。

星状神経節ブロックとは、首の付け根にある交感神経節の星状神経節に局所麻酔薬を注入することによって、アレルギー性鼻炎を引き起こす免疫系の異常を改善を目指します。

舌下免疫療法は、ごく微量の抗原を毎日舌下に入れることによって、アレルギーの反応を徐々に弱くしていく治療です。

どちらも、アレルギーの反応を起りづらくする根本的な治療です。興味のある方は、ご相談ください。


痛みを光で治療するとは?


痛みを光で治療するといっても、馴染みない方もいると思います。光による治療は、すでに20年以上にわたって、広く痛みの治療に用いられてきました。
image

使われる光の種類は、組織吸収性の高いと考えられている水の吸収波長とヘモグロビンの吸収波長の谷間の波長(790~904nm)です。

この光を当てる(照射)することが、なぜ痛みに痛みに効果があるのか、動物実験や、臨床研究でいろいろ調べられてきました。

1)神経に対する直接効果

神経にこの波長のレーザー光を当てると、痛みや熱さを伝える神経の活動は抑えましたが、触った感じを伝える神経の活動には影響が無かったことが確かめられています。皮膚にテレピン油を注射して、人工的に炎症を起こすと、痛みをの信号が常時発生しますが、この信号をレーザー光が発生しづらくすることも報告されています。

2)血流増加よる発痛物質の洗い出し

組織が障害されると、強い痛みを誘発する物質(発痛物質:キニン類、カリウムイオン)が組織に放出されます。

血管にレーザー光があたると、血管が拡張して、血の流れが早くなり、血流が増加することが調べられています。組織に溜まった発痛物質を、レーザー光にって増加した血流が運び出すと考えらています。

3)交感神経過緊張を正常化する。

レーザー光を首の付け根にある星状神経節(交感神経節)近くに 照射し、上肢の痛み、しびれ、冷感の強い患者の上肢皮 膚温の有意な上昇がみられましたが、健常人ではそのような 変化がみられなかったことが報告されれています。現在、レーザー 光による疼痛治療は、交感神経系の過緊張は正常化 されますが、それ以上の交感神経抑制効果はないという説 が一般的です。

光の治療対象疾患は、整形外科的疾患、血流障害、神経障害性疼痛などです。危険な 副作用はなく、即効性に乏しいですが、有効 性が高くしかも安全性な光線治療は、難治性の痛みに対して広く行われています。

image


腰痛の原因は


s_lumbago日本では、腰痛は極めて多い症状です。男性の症状の第一位、女性の症状では、肩こりについで、第二位(平成25年度国民生活基礎調査)となっています。

多くは1週間ぐらいで、軽快するぎっくり腰のような急性のものから、4週間から、3ヶ月未満の亜急性腰痛、3ヶ月以上続く慢性腰痛まで、いろいろです。

原因は、脊椎由来(背骨の異常)、神経由来、内臓由来、血管由来、心因性とさまざまです。

下肢の症状を伴わない腰痛は、原因の特定は困難で、治療は、痛みを軽減して、日常生活に支障が出ないようにすることが目的になります。

脊椎に異常がある場合は、椎間板ヘルニア、脊椎すべり症、脊柱管狭窄症、骨粗しょう症、脊柱靱帯骨化症、感染症、腫瘍などがあります。

腫瘍が原因の場合や、重症例、早期の社会復帰を目指す場合は、手術になりますが、軽症例では、薬物療法や、神経ブロックなどのペインクリニックでの治療がおこなわれます。

転移性悪性腫瘍や解離性大動脈瘤などの緊急性の高い疾患で、腰痛が起こる場合があり、ありふれた腰痛でも、油断はできません。

 


頭痛のいろいろ


s_cc-library0100107263ii0l頭痛を大きく分けると、一次性頭痛二次性頭痛に分かれます。一次性頭痛は、頭痛そのものが、病気の頭痛で、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、その他の頭痛があります。

二次性頭痛は、クモ膜出血、脳腫瘍、椎骨動脈解離、髄膜炎、薬物の使用、眼科、耳鼻科の病気など、他の原因となる疾患があって、その症状の一つとして頭痛が起こるものを言います。

一次性頭痛は、症状は辛いですが、生命に関わることは、まずありません。しかし、一ヶ月に何回も頭痛に悩まされる人もいて、普通の社会生活を送るのが困難になってきます。このようなときには、どのような種類の頭痛なのか診断をうけて、治療を受けることによって、頭痛に悩まされることのない生活に戻ることができます。

二次性頭痛は、症状が軽いものであっても、生命に関わる重大な病気もあるので要注意です。二次性頭痛の診断は、丁寧な問診、CTやMRIの検査が大切です。一般に神経の脱落症状(ものが2重に見える、話しづらい、手足に力が入らない、歩き辛い)、吐き気がする。吐いた。仰向けに横になって、頭をあげ、顎を胸につけようとしてもできないなどがあるときは、すぐに医療機関を受診しましょう。


ペインクリニックって何ですか?


image

ペインクリニックは、今でも、多くの方には馴染みない言葉かも知れません。元来は、英語の “pain clinic” か出た言葉で、”pain”は痛みを、”clinic”は外来診療を意味しているので、痛みの外来診療ということになります。大学病院などでは、ペインクリニックの患者さんが、入院していたりするので、外来に限らず、「痛みを治療する専門部門」の意味で使われています。

痛みを専門的に治療すると言っても、腑に落ちない方もいるかもしれません。頭が痛くなったら、脳外科 に行くことでしょう。お腹が痛ければ、内科にかかるかもしれません。膝が痛ければ、整形外科を受診すると思います。これらの科は、あたりまえですが、病気を治療する科です。ところが、診断された病気に有効な治療法がなければ、痛みを取ることができません。そもそも、肩こりや、片頭痛、緊張型頭痛のように、どこにも病気が見つからないことさえあります。このような場合、病気を治療する科では、十分な痛みの治療ができません。

ペインクリニックでは、頭部、胸部、腹部、背部、会陰部、上下肢などの全身の痛みを、内服薬、神経ブロック注射、レーザー照射、電気刺激、認知行動療法などの方法を使って治療しています。