顔面けいれん・眼瞼けいれん・斜頚外来


顔面けいれんや、眼瞼けいれん、痙性斜頚(けいせいしゃけい)に対して、ボツリヌス毒素(ボトックス)の注射による治療を行っています。

顔面けいれんは、片側顔面けいれんともいい、普通は、まぶたが自分の意志とは関係なく小刻みに動くことから始まり、やがて、頬や口のまわりにも痙攣が出てきます。原因は脳の深いところにある血管が、顔面神経と接触して圧迫することだと言われています。治療には、内服薬、ボツリヌス毒素(ボトックス)注射、減圧手術などがあります。

眼瞼けいれん(がんけんけいれん)は、自分の意志とは関係なく目を閉じてしまう病気です。原因はまだよく分かっていません。今のところボトックス注射がただ一つの治療法です。

痙性斜頚は自分の意志とは関係なく首が特定の方向に曲がってしまい、正面を向けなくなる病気です。治療は内服薬や、ボツリヌス毒素注射があります。